HOME | 獣医師・ユーザーの声

VOICE

/ 獣医師・ユーザーの声

東洋医学(漢方)の良いところ
 

東洋医学(漢方)の良いところ

獣医師I先生

西洋医学は、病気を薬や手術によって治療するといった医療です。一方、東洋医学(漢方)は体全体のバランスを整えて自己治癒力を引き出す医療。どれだけその病気を治すのによい薬であったり手術であったとしても、その子の身体が治療に耐えられるだけの力を持ち合わせていなければ意味がありません。また、自身を守る力が弱いとせっかく治ったとしても再発したり、病気になりがちになってしまうことも多いので根本的な原因を改善することはできません。ですので体力などが落ちてくるシニア期のペットに漢方を取り入れてもらうことで「元気になった!」「若返った!」「最近生き生き楽しそうにしてる!」など飼い主さまから嬉しいお声をいただいており、健康なうちから、毎日のケアにサプリメントを与えることを推奨いたします。

漢方により本来の生命力を高める健康づくり
 

漢方により本来の生命力を高める健康づくり

獣医師T先生

普段から漢方薬を用いた治療をしております。従来の獣医医療である西洋医学はもちろんですが、漢方を積極的にとりいれて、動物の本来のもつ生命力を高め、その結果、病気を全体的かつ根本的に治療することを目標としています。有機化合物(石油など)からつくられる西洋のお薬と、植物などからつくられる漢方薬とでは、それぞれ長所と短所が異なります。私は、病状に応じてそれぞれのよいところを使って治療すべきだと考えます。例えば、一時的な体調不良やケガには、西洋医学の治療をするのがよいでしょう。しかし、体調不良や炎症が持続または頻発するような慢性疾患の場合は、漢方が有効になる例が多いのです。そして健康なうちから「未病先防」という考え方の元にサプリメントをお勧めしております。日々の健康意識を高めることを心がけましょう。
漢方との出会いに感謝
 

漢方との出会いに感謝

ユーザーHさん

犬が自己免疫疾患にかかり、近所の動物病院でステロイド治療をしていたのですが、減薬に失敗して再発してしまいました。ステロイドの長期服用は犬の体に負担がかかりますし、ステロイドのコントロールがうまくいくとは限らないため、漢方治療を受けることにしました。漢方薬を飲むようになってから病気が再発していませんし、元気にしているので継続しています。そこでの漢方へ出会いがきっかけで、普段の健康管理にも漢方サプリメントを取り入れています。その後とても元気に過ごしている姿をみるとやってよかったと感じているところです。

毎日飲ませています
 

毎日飲ませています

ユーザーSさん

我が家のペットは12年になる中型犬を飼っています。後ろ足が体格に比べて細く獣医さんから歳をとるとサプリが必要になるかもしれないと言われていました。突然昨年の冬頃、後足の震えが出始め、歩くことがきつそうになってきました。病院でやはり老化によるものだと言われ、何か無いかと探して「順楽歩(じゅんらくほ)」にいきつきました。飲ませ始めて1週間程で徐々にしっかり歩くようになり、そしてだんだん活発に動けるようになりました。こんなに効果が現れるとは本当に驚きです。これで、少しでも長く元気に散歩が出来る生活を手に入れらるなら安いものです。本当にこれに出会えて良かったです!